読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

ADAM at(アダムアット) スウィートホーム リリースツアー 2016 @2016、5、29 札幌 Duce 前編

 ハイ、今回の札幌行きの、メイン目的は、この、”ADAM at  スウィートホーム リリースツアー 2016”の為でした!

 

 まずは、ADAM~の前に演奏しておりました、3組のバンドのライブについて、書きたいと思います。

 

 1組目のオープニングアクトは、”RETRO FUTUREレトロフューチャー)”というバンドでした。

retro-future.info

 イメージ的に、クラブサウンド的なバンド(グループ)かと思いましたが、結構、ワタクシの予想と違い、かなり、音が、(いい意味で)”ラウド”で、そんなサウンドと、最先端な、エレクトロサウンドを組み合わせて、迫力の演奏を聞かせていたなぁ…、と、そう思いました(中でも、タブレット(多分、iPadかな…?)の、演奏用アプリを、弾く、パフォーマンスっぽい演奏が、印象に残っております)。

 

 そして、続いての、”FAT PROP(ファットプロップ)”という、鹿児島のバンド、実は、今年、最初辺りから、個人的にも、ハマって聴いていたので、この方達が見られたのも、嬉しかったです。

 

www.fatprop.com

 (プロフィールが書かれている所を、見たら)このバンドも、かなり、活動歴が長め(2002年結成)で、メンバーチェンジも、幾度か経ているそうで…。

 

 でも、このバンドも、確固たる意志を貫いて、活動を続けていると思える様な、相当、堂々とした、聴かせる演奏で、(この方達の)ライブを見たのは、初めてですが、胸を躍らせながら見ておりました、ハイ!!(^^♪

 (特に、「Luminous World」という曲を、ライブで聴けて、嬉しかったです!)

 

 3組目は、”JAWEYEジョーアイ)”という、バンドです。

www.jaweye.com

 それで、この方達は、若い女性ファンも、かなりいたようで、その方々が、物凄く、彼らのライブで、盛り上がっていたけれど、ワタクシは、後方で、わりとおとなしめに見ておりました(^-^;。

 

 しかし、単に、”EDM”を取り入れただけではなく、かなり、パワフルなロックパンクサウンドで、相当な熱気を感じたステージでした、ハイ。

 

 本当に、個性的な3組のバンドのライブを見た後、本編の、ADAM atのライブです。

 (その模様は、”後編”にて!)