読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

映画の「奇跡」を、観ました。

演劇、映画
JUGEMテーマ:邦画
カテゴリ:演劇、映画)  最近、又、ネタ切れなので、ちょっと、家で、ここに書ける様な事柄を、探していたら、1年以上前に、TVで、放送されたものの録画で、映画の、「奇跡」が入っていた物を見つけたので、これを、観てみる事にしました。  (以下、作品や、音楽に関する、ネタバレもありますので、「続きを読む」にて、どうぞ。  まずは、詳細につきましては、「奇跡 Yahoo! 映画」(http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E5%A5%87%E8%B7%A1/338752/)を、参照して頂くとしまして、・・・まぁ、今、ワタシが、「THE PIER(ザ・ピアー)」(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=1343)をキッカケに、この映画の、音楽担当であります、”くるり”の曲に、夢中なのと、明日、「まほろ駅前狂騒曲」を観に行く予定というのと、そして、今、函館や、北斗市などが、”北海道新幹線”の事で、盛り上がっている・・・、など、とにかく、タイミング的に、「今」が、丁度いいかな・・・? そう思って、観たのですが、離れ離れになった家族の男の子の兄弟が、「新幹線が、初めてすれ違った時を見られたら、”願いが叶う”」という、噂話を信じて、周りの大人たちを巻き込んで、新幹線を見る為に、小さな、”旅”に出る・・・、この話、結構、ワタシ好みの話だったのですが、しかし、そこまでに至る、日常のエピソード的な所は、ちょっと、退屈な感じも、しなくも無かったかなぁ・・・? 共、思いましたね(個人的にね。)。  でも、鹿児島中央駅から出発するシーンの、「最終列車」という曲が、ハマッていて、このシーンを観ていた時は、とても、胸が高まりましたけどね(*^^*)。(・・・まぁ、ワタシが、くるりファンだという事もあって、ね。)  後、子供達が、新幹線を探しに行くシーンを観ていたら、ワタシも、今年、北海道新幹線の、駅の側まで、行ってみたくなりましたね。  最後に、参照記事としまして、これを貼っておきます。  総集編 アレスノデキゴト 2011 (6) 九州新幹線マイア・ヒラサワ  (http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=375