読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

「ホビット 竜に奪われた王国」を見ました。(若干の修正あり)

演劇、映画
JUGEMテーマ:洋画
カテゴリ:演劇、映画)  昨日、「ホビット 竜に奪われた王国」を見てきましたので、その感想を書きます。  (以下、内容に触れております  まず、前作、「~思いがけない冒険」(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=729)の最後、ドワーフの王国にたどり着き、それから、竜(スマウグ)との戦いの途中までを、この作品で描かれておりますが、・・・いやぁ、あの結末、竜(スマウグ)が、街を襲撃しようとしている所で終わるとは、本当に、「次回が気になる」ラストだったなぁ・・・。  後、次回が気になるといいますと、ガンダルフや、タウリエルを巡る三角関係の行方も気になる所でしょうか・・・?  今作は、前作以上に、息も付かせぬ戦闘シーンや、(ラストのシーンも含めての)「いったい、どうなってしまうの?」といったシーン満載で、スリリングな雰囲気で、色々と面白く見ていられました。  そして、最終章は、どういった感じにまとめてくれるのか、今から楽しみでなりませんねO(^^)O  しかし、前作は、シネマ太陽さん、3D上映をしてくれたのですが、今作は、残念ながら、2D吹き替えしか上映しなかったみたいで・・・。(・・・まぁ、映画館側の事情もあるのでしょうが(汗))  次回は、又、3Dで見てみたいですね・・・。(-人-)