読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

箱館演劇ライン 2015 札幌ハムプロジェクト 日本縦断興行2015 「さんたま」 @2015,11,3 中島れんばいふれあいセンター(11、14 追記あり)

 今日は、舞台鑑賞しておりました。

 以前、「サンタどん」(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=536 )や、「ピノチオのひげ」(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=1053 )を観ました、”札幌ハムプロジェクト”の公演、「さんたま」というのが、今回観ました、舞台です。

 (何か、12月にも、札幌の方でも公演がある・・・、そういう事を言ってたので、感想は、”続き”にて




 この話は、勉強ばかりしてきた、男子中学生の、”山田おさむ”が、滑り止めの高校を受験して、そこに落ちてしまい、中学完全卒業前に、彼が、この黒歴史を揉み消したくて、苦悩している中、とある神様から、”玉”をもらい、彼は、その、”玉”の力を使い、彼を罵った(?)相手を、段々消していって・・・、そして・・・・・、という様な、話でしたが、以前、ワタシが観た、ハムプロの、2作品の様に、ユーモラスで、何か、見ていて楽し気な演出もあったけれど、山田の、”心の闇”や、中学生特有の、思春期の揺れ動く心など、様々な、心象描写があり、(いい意味で)一筋縄で行かない、ハムプロ独特の雰囲気が、今回も健在で、観ていて、本当に、面白かったです!(^O^)/

 後、「大人が子供に返ったら、もう、戻れない・・・」(というような、セリフ(?))、このセリフが、何か、”今の自分”の心に、結構、残りましたね。

 それで、終盤は、冬の藻岩山が、実際に思い浮かぶようで、よかったです。

 ☆☆☆

 最後に、「箱館演劇ライン 2015」は、今後、6~7日 劇団fire works(ファイアワークス) 「あした、あの子に会いに行く」と、23日、劇団G4様 「Re:Birth(リバース)」(余談ですが、今回、G4さんの公演、なんと、サカナクションのライブと被ってしまった為、観に行くことが出来ません・・・(/_;) ・・・でも、こういう時も、ありますし、うん・・・。(大汗))が、”中島れんばいふれあいセンター”、21日の、劇団PaPさん 「怪獣とわたし」が、”金森ホール”、そして、AOHAKOシアター 「水たまりのお天道様」は、12/19~20が、青森公演、12/26~27が、函館公演となっております。
 (詳細は、”箱館演劇ライン”HPにて!

 ワタシは、今後、劇団PaPさんと、AOHAKOシアターを観ようかと、検討中です。


(11/14 追記:ハムプロ様のブログに、この公演の記事がありました。 函館ありがとう!!!→( http://jyuudannkougyou.seesaa.net/article/429126709.html