読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

「ツバメノタヨリ」 ~ (4)  ”ディス・クロー”。

アレスの作品集
カテゴリ:アレスの作品集)  ちょっと遅くなりましたが、「ツバメノタヨリ」(前章はこちら→)(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=1416)の続きです。(以下、「続きを読む」より。 但し、来年3月に、札幌での「本・展」出展の可能性もあります。)  
 
P_20141126_180839.jpg
   4ページ目は、この物語の(一応の)悪役、「ディス・クロー」の登場です。  ”しかし、このツバメとアヴィのやりとりを陰で見ていた、もう1人の謎の男もおりました。  「・・・以前、ツバメという小娘は、俺様の邪魔をした。   このディス・クロー様が、許さぬわっ!!!」   この銀髪の背広の怪しげな男は、かつてのツバメの行動に恨みを持っているようです。  「先回りして、「忘却の無人島」に行ってやる・・・。」  そして、ディス・クローも、そこに向かうことにしました。”  ・・・それで、この、”ディス・クロー”という男は、当初は、「結構、ゲス(←・・・余り、言葉遣いはよくないけれど、敢えて、使います)で残忍」さが、数割増しでした・・・。 しかし、展覧会、初出展だし、「親子連れも、結構、読むかもしれないかなぁ・・・?」という事を、今回考慮して、若干、控えめにしておいたのですけれどね、彼の残忍さを。    後、ツバメと、ディス・クローの因縁に付きましても、これも、別の機会に語らせていただきます・・・、と、いう事で。  それでは、5ページ目(5章)は、やや、重いです・・・。 それでは、今回は、これにて。(「ツバメノタヨリ」(5)に、続く)