読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

アレス、海洋総合研究センターへ行く。

JUGEMテーマ:函館
カテゴリ:行ってきたよ(散策))  先月31日は、映画「思い出のマーニー」(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=1288)を観たり、西部地区のあじさいで、冷やしラーメンを食べたり(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=1303)、髪を切りに行ったりと、色々と出歩いていましたが、実は、もう1ヶ所、行っていた場所がありましたので、ここで、ようやく(・・・だって、CDJや、国際民俗芸術祭や、東北キャラバンと、色々ありましたので・・・(^^;)、書く事が出来ます!  それは、6月に運用を開始いたしました、「函館市国際水産・海洋総合研究センター」(http://center.marine-hakodate.jp/)の方も、時間がありましたので、行く事ができました。 DVC00030.JPG  ここが、その建物です。 DVC00033.JPG  一部は、市民に一般開放しているようですので、中に入っていきます。  ここは、入居型の貸研究施設として、学術試験研究機関や、民間の企業が、函館の水産研究の為に、様々な取り組みや、実験等を行っている施設なのですが、そこに、来館者が自由に見学できる、大きな水槽などがあり、イカ等が泳いでいる所を見る事が出来るので、ちょっとした、水族館っぽい感じでした。  後、4階に展望室があり、そこから、海の景色を眺める事も出来ますよ。  確か、はこだて未来大や、北大などが入居して、ここで、研究などをしているみたいです。(2014,8,14現在)  その他、北大の「おしょろ丸」も泊まっていたので、写真撮りました。 DVC00031.JPG  この時は、丁度、夏休みに入ったばかりでしたので、ここの見学者も、ワタシを含めて、何人かおりましたね。  ここ、函館に、なかなかいい、海の研究施設が出来たと思いますので、この施設が、上手い事作用して、今後の函館の発展に役立っていって欲しいですね。  最後に、函館どつく~入船漁港~弁天町方面の写真も、UP。 DVC00036_2.jpg DVC00029.JPG  ちなみに、明日も、遡り散策記です。