読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

「変なサイトに登録されました」と、「アースダイバー」をちょっとだけ紹介。

なんでもモノ紹介
JUGEMテーマ:
カテゴリ:なんでもモノ紹介)  この間、函館市内の湯川支所の方の図書室へ行きまして(だって、そっちの方で借りないと、読めない本がありましたので・・・)、このような本を借りたので、これが、少し前の本でしたが、為になりましたので、ここでご紹介いたします。  「変なサイトに登録されました ネットライフの困ったQ&A」という本が、それなんですが、ネット上のトラブルから、今更聞けない、ネットライフの素朴な疑問に、ネットショッピングについてや、充実のネットライフ(←ここは、ちょっと情報が古かったかなぁ、うん(^^;)・・・、と、ネット上の様々な疑問解決本として、非常に読みやすく、ネットに詳しい(と、自分で思っているはずの)自分も、振り返って、復習できるような本になっていて、これは、いい本を読んだなぁ・・・、と思いましたね。  ・・・それで、この本にありました、「何の為にブログを書くの?」ですが、自分は、こういった事(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=408)の為に書いておりますけれどね。  続きましては、中沢新一氏の「アースダイバー」について。  (現在、「週刊現代」という週刊誌で、これの続編のような連載、「アースダイバーActive」を掲載しているようなので、少し取り上げます。実は、読みたかった本は、こちらの方です)  まず、「アースダイバー」紹介の前に、「ほぼ日刊イトイ新聞 はじめての中沢新一」(http://www.1101.com/nakazawa/index.html)も、参照してみて下さい。  それで、本についてですが、縄文地図を持って東京を散策して見えてきた、様々な歴史と神話(・・・というのでしょうか?)が書かれていて、所々、難解な部分もあったのですが、日本の首都・東京がこの様な、奥深い「顔」(「」(かお」とも書きますが)を持つ都市だというのが分かる、色々と面白くて、刺激的で衝撃的な本だったんですよね。  ・・・と、まぁ、「アースダイバー」に関しては、この位かな、ワタシが言える事は、うん。  今回は、「変なサイト~」と、「アースダイバー」、この2冊の紹介でした。