読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

苫小牧旅行記 番外編 長万部三八飯店

カテゴリ:食べ歩き、料理) 苫小牧旅行記、間が空きましたが、この番外編で完結です。 先月30日は、29日とは一転して、肌寒く、雪もちらついておりました(><) しかし、帰るだけでしたので、特に支障は無く、帰り道の長万部で昼食を食べたぐらいでした。 そこで、寄った所は、「長万部 三八飯店」(http://www.osyamanbe-kankou.jp/syousai/sanpachi.html)という、「浜チャンポン」のお店です。 どうして、そこにしたのかといいますと、実は、手稲の方のお店ではあるのですが、寿都(すっつ)町由来の浜チャンポンとして、「おにぎりあたためますか」(http://www.htb.co.jp/onigiri/omise/h_douou.html)で紹介されていたのを、以前に見た事がありまして、それで、長万部に浜チャンポンのお店がある・・・、と分かって、方向も丁度よかったので、ここにしたのです。 それで、お店の中に入りましたら、結構混んでおりました。 でも、そんなに待たずに食べる事ができましたから、よかったです。 これが、具沢山な、浜チャンポンです!(味噌を頼んでみました。) (でも、ちょっとだけ、苦手なものも、入っていたなぁ・・・(汗))  うん、ボリュームが凄くて、食べ応え十分で、特にイカが大きくて、これを食べる為に頼んでもいいのかも。  あっ、普通に美味しいので、1回食べる価値はあると思います。  (塩味もありますよ)
   
長万部三八飯店 [ラーメン店] 長万部三八飯店 JR函館線中ノ沢駅 徒歩3分 〒049-3512 北海道山越郡長万部町中ノ沢56-1(地図ぐるなびで 長万部三八飯店 の詳細情報を見る ※2014年4月5日現在の情報です ぐるなびぐるなび七飯・松前・渡島のお店情報もチェック! (注意:手稲の「三八飯店」と、長万部の「三八飯店」は、系列が違うみたいです。長万部は、他に、札幌市内の白石区と、西岡に系列の店があります。)  長万部で、浜チャンポンを食べた後は、森町でちょっと買い物をして、それから、函館に帰りました。