読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

苫小牧旅行記(1) 親戚の家と、三星と、有珠川橋、そして王子製紙。

行ってきたよ(旅行)
JUGEMテーマ:北海道
カテゴリ;行ってきたよ(旅行)  それでは、3月29日、家族(父方の祖母も含めて)で、親戚の法事の為に苫小牧へ行ってきた事を書こうかと思います。  でも、早朝6時出発だったから(法事がはじまるのが10時だったからね)、眠かったかなぁ、ちょっとだけ、うん・・・。  だけど、「法事だから、余り、色々な所に行く事は出来ないかなぁ・・・?」と思ったのですが、予想以上に色々と行けたので、結構楽しい旅行となりました!  まずは、法事が始まる前に、親戚の家で撮影した、玄関の飾り物をご覧下さい。  (注意:親戚の方々の撮影と、掲載の許可をもらっておりますDVC00335.JPG DVC00333.JPGDVC00334.JPG  結構、可愛らしい物が沢山あったので、見ていて楽しかったです♪  それから、法事が始まり、家で住職の方の読経です。  その読経が終わり、寺へ向かうまで、時間がありましたので、ワタシは、母と苫小牧市街をちょっとだけ散策しました。  DVC00329.JPG  親戚の家は、「三星」(http://yoitomake.jp/)という、苫小牧のお菓子のお店の近くなのです。  そこでは、こんなお菓子もあります。  DVC00328.JPG  「とまチョップサブレ」という、苫小牧のキャラクターのパッケージのサブレです。  このお菓子をおみやげに買いました。  ここの三星は、パンも売っていたり、カフェもあったりと、ちょっと寛げる様な場所になっておりましたが、時間が余りありませんでしたので、おみやげを買っただけにしておきました。  後、自動販売機も、「よいとまけ」仕様でした。  DVC00327.JPG  次に、リサイクルショップと、TSUTAYAの併合店もちょっとだけ見て、苫小牧の「有珠川橋」を通過して、親戚の家に戻りました。 DVC00324.JPG  ここが、有珠川橋の景色です。  親戚の家に戻ってから、寺に行く途中で、王子製紙の工場を通過しました。 DVC00323.JPG 寺で読経して、法事が一通り終了しました。 (続く)