読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

世界から猫が消えたなら。(追記あり)

なんでもモノ紹介
JUGEMテーマ:
カテゴリ:なんでもモノ紹介)  最近、読んだ本で印象に残っている物を又、1冊、ここで取り上げます(いやぁ、昨年末から、読書ネタ増えたような気がする、ここで・・・)。  「世界から猫が消えたなら」という、インパクトのあるタイトルの本ですが、この本、以前、NHK-FMで、妻夫木聡さん主演で、ラジオドラマ化した(・・・んですよね?)りと、結構、有名な本みたいでした。(2013年本屋大賞にノミネートされていたりと)  後の詳細は、一応、「続きを読む」で。(内容に触れている部分もありますので)    
評価: 川村 元気 マガジンハウス ¥ 1,512 (2012-10-25)
 それで、余命を宣告された主人公が、悪魔と出会い、様々な大事な物を消していくのと引き換えに、自らの寿命を延ばしていくのですが、そうしている内に、自分の向き合わなければならなかった事に気付いていく・・・、そんな話なんですよね。  わりとコミカルに綴っている文体なのですが、話は後半、結構重たかった感じがしたかなぁ、うん・・・。  ただ、惜しかったのは、最後の方が、文のコミカルさが、話の重さに負けてしまったのか、どうも、うまく着地できなかったというかねぇ・・・。  でも、途中、映画が失われる話の章などは、描写が上手かったので、無駄になっていないと思います。  (タイトルの「~猫が消えたなら」は、総じて、「猫」になっているという事か)  だけど、「失ったものは、その後で、その大切さに気付く・・・」、この言葉が、重く突き刺さるような話でした、これは(色々と、惜しい部分もあったけれどね)  (後、オマケですが、この本を、蔦屋書店(TSUTAYA)で読んでいて、「ツタヤ」(映画オタクの主人公の友人)という登場人物が出て来たので、ここは、かなり、この本を読んでいて笑いそうになった所でした・・・(^^;)  (2014,9,16 追記:現在、「るろうに剣心」の映画に出演中の、佐藤健さんと、宮崎あおいさんの初共演で、映画化される事が、決まったそうです!(世界から猫が消えたなら佐藤健宮崎あおい 初共演 オリコンスタイルhttp://www.oricon.co.jp/news/2042075/full/) そして、文庫本も、今月18日に、小学館から出るそうです。)