読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

看板TV番組の、ノベライズ化・・・!?

JUGEMテーマ:
カテゴリ:なんでもモノ紹介)  それでは、今日は、又、最近の蔦屋書店での読書ネタで、書きたいと思います。  今回は、「ノベライズ・テレビジョン」という本も、読んできたのですが、これが、なかなか、面白くもあり、いい意味で何ともいえない、しんみりさや、シュールさ、余韻というものも、読後感にあり、結構、印象に残ったので、ここで紹介いたします。  この本は、「ワラパッパ」(http://warapappa.jp/)という、テキスト系妄想メディアに不定期掲載されていた、「TV番組のノベライズ化」を、まとめて書籍化したものでして、どのようなTV番組(CM、コーナーなど)が掲載されておりますかといいますと、「ジャパネットたかた」のCM、「笑点」、「笑っていいとも!」、「新婚さんいらっしゃい!」、「アタック25」、「徹子の部屋」、「アッコにおまかせ!」、ソフトバンクの「ホワイト家族」のCM、「笑ってコラえて」の「ダーツの旅」のコーナー、大泉逸郎さんの「孫」の歌の話(架空の)、「ドモホルンリンクル」のCM・・・など、様々な、名物TV番組が、妄想たっぷりにノベライズ化されていて、中には、その番組のイメージ以上の、ノベライズ化もあったので、それは、すごく、笑えました。(特に、その辺では、「新婚さん~」や、「ドモホルン~」が顕著)  でも、その一方で、「笑っていいとも!」や、「笑点」、「アタック25」などのような、番組の裏側のドラマ(?)を、妄想たっぷりに描いていた話もあった(個人的には、こういう話が、この本の中で、好きでしたね)り・・・、と、かなり、読んでいて、楽しめました、この本♪  ・・・しかし、「ブックオフ」の話は、あんまり、TV番組と関係ない話っぽかったかなぁ・・・、そう思いましたね、個人的に(^^;