読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

「清須会議」を見ました。

演劇、映画
JUGEMテーマ:邦画
カテゴリ:演劇、映画)  今日、三谷幸喜監督の新作映画、「清須会議」を見てきました。  (以下、内容に触れております ・・・いやぁ~、三谷監督の作品だから、今までは、コメディ映画のほうに定評がある方だから、そっちの方のイメージもあったのだろうけれど、彼が歴史好きという事もあってか、「かなり本格的で、見せ方が(ワタシの見た中では)今までに無い、時代劇映画」だった・・・、そう思えた作品だったでしょうか、これは、うん。 内容は、織田家の後継問題、明智(光秀)の領地再配分を巡っての尾張国・清須城での会議の様子を描いたものでありますが、キャストがとにかく豪華で、柴田勝家役所広司さんで、羽柴秀吉が、大泉洋さん、それから、妻夫木聡さんや、お市役の鈴木京香さんに、小日向文世さん、佐藤浩市さん・・・、などなど・・・、まるで、往年の年末年始の時代劇SPを思わせるようなキャスト陣・・・しかし、剛力彩芽さんだけは、個人的に・・・、時代劇の雰囲気に合っていなかったかなぁ・・・(^^;)が、圧巻でした。  そして、武将達の心理的な会話劇で、話が進み、合戦や殺陣のシーンは出てこないのですが、これでも、いい緊張感を感じて見ていられるので、なかなか楽しめます。  でも、”旗取り合戦”のシーンは、今までの三谷監督のコミカルな持ち味が出ていたシーンだったなぁ・・・、そう思って見てましたけれどね。  後、この映画を見ていたら、秀吉も好きになるんじゃないかなぁ・・、そんな風にも思った、個人的にだけれどね。  最後に、衣装デザインは、TEAM NACSの2012年の公演、「WARRIOR~」と同じ、黒澤和子さんです。  三谷ファンだけではなく、時代劇ファンと、大泉さんファンにもスゴク、「清須会議」薦めます!!