読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレスノモノカキ Go

北海道・函館から発信している、やっぱり、”物書きもどき”の、”アレス”による、”趣味”と、”放浪”のブログです。

NHK(と日テレの)TV60周年記念特番を見て、色々感じたこと。(2/1、2/2 深夜編)

 (カテゴリ:TV番組)  前の記事に続き、TV60周年記念特番の記事です。  今度は、深夜に放送されました、「NHK×日テレ 60番勝負」の事を書こうと思います(記事が長いので、追記にて)   まず、2月1日のNHK編、TV番組のセットが、左半分がNHKの美術班、そして、右半分が日テレの美術班が作ったので、かなり、セットにギャップが出ていたのが印象的でしたね(NHKは、シンプルで、日テレは、結構、派手で。 2日も、このセットでした) それで、アーカイブ対決、昔のワイドショーで、テレビが珍しくて、人混みが凄くて、司会者が逃亡(?)してしまうものとか、ワタシもとても、熱心に見ておりました、「アメリカ横断ウルトラクイズ」とかありましたが、特にそれで強烈な印象に残ったものが、「趣味講座 ヨーガ」(!!)でした!! 何か、シュールに見えて来て、ここは、結構、爆笑いたしましたね。 その他、「NHK のど自慢」に、日テレのディレクターが潜入して、ADを務めたり、「欽ちゃんと香取慎吾全日本仮装大賞」に、NHKの方が潜入していった物・・・、とか、様々な企画があり、とても楽しめる物だったのですが、・・・うぅん、28年ぶりにNHKに、明石家さんまさんが登場して、30分トークしていたところは、個人的にですが、余り楽しんで見られなかったでしょうか・・・? (日テレ側のオファーだったそうですが、余り、1芸能人の力を借りずに、番組制作して欲しかったかなぁ・・・、うん(^^;) でも、かなり、最近のTV番組の中では、意欲的な番組の方でした、これは。 続く、2日(日テレ編)も、NHKが、”直球”(色々な意味で)だったのが、何とも言えなかったのですが、この日も、「おーい!はに丸」の、はに丸と、「できるかな」ゴン太くんが、日テレに潜入した企画が、かなり凄かったんです!! 中でも、視聴率を真剣に尋ねている所が、もう、可笑しかったです。(「プロフェッショナル 仕事の流儀」と、子供向け番組をミックスさせた演出も、いい意味で反則です・・・(^>^)) それと、1日で、5分間のドラマを制作するという企画もありましたが、NHKは、松坂慶子さんを主演に、とてもまとまったドラマを制作していたのですが、日テレは、脇が豪華で、何が起こるかわからない、連ドラ的なワクワク感があり、日テレの方が、いいなぁ・・・、と、個人的に思いました。 2日も、かなり、意欲的な企画が盛り沢山で、面白かったです。 こんな感じの番組が、レギュラーでも作られて欲しいのですが、最近は、安易な作りの番組が、多いのが、かなり気にかかってます・・・。 それで、勝負は、NHKの勝利でした。(NHKを本気にさせたら、とんでもないなぁ・・・(^^;) TV60周年記念の番組、わりと面白かったです。